12月26日 管理人のレビュー記事を追加致しました。 現在428作品をレビューしています。

【平岡里枝子】【近藤郁】快感を貪る熟年女性など4話を収録

現代肉欲劇場 女の性 この世は色まみれ 隣人・義母・妹・学生
シーン1
第一話「妻は知らない お隣さんとの肉欲関係」。
出張と偽り、外出をした里枝子さんの旦那。
しかし、隣人の郁さん宅へと向かいます。
キスをする郁さん。
シャワーを浴びようとする、里枝子さんの旦那。
しかし郁さんは、「すぐして」とおねだります。
「これが欲しかったの」と、肉棒にむしゃぶりつく郁さん。
クンニをされ、喘ぎ声を上げる郁さん。
郁さんは痙攣し、腰を浮かして感じまくります。
「ガマンできないの、もう入れて」と、郁さん。
正常位で、肉棒を受け入れる郁さん。
対面座位で、ベッドの弾力を利用して下から突く、里枝子さんの旦那。
大きく脚を広げ、より奥まで突いてもらう郁さん。
2人は同時に絶頂を迎えます。
郁さんの下腹に射精をする里枝子さんの旦那。
すると里枝子さん宅から、喘ぎ声が聞こえてきます。
シーン2
第二話「夫は知らない 妻と息子の危ない関係」。
オナニーをする里枝子さん。
久しぶりに帰省をした健太に、カラダが疼いてしまう里枝子さん。
里枝子さんは、食事中の健太の肉棒を美味しそうにフェラします。
音を立て、肉棒を咥える里枝子さんがエロいです。
食事を終えた健太。
健太は、里枝子さんの後ろからクンニをします。
顔を歪めて快感に浸る、里枝子さんがエロいです。
「入れて、早く入れて」と、里枝子さんは肉棒を欲しがります。
バックで肉棒を挿入する健太。
電気が流れたように、カラダを小刻みに痙攣させる里枝子さん。
肉棒が奥に到達するたびに、背筋がピンとなる里枝子さんがエロいです。
痙攣が続き、絶頂に達したままの里枝子さん。
里枝子さんの両脇に腕を入れ、激しく肉棒を突きたてる健太。
肉棒に感じまくる、里枝子さんがエロいです。
激しく突く健太は、里枝子さんに中出しをします。
シーン3
第三話「兄と妹 忘れられぬ記憶」。
過去に、兄に乱暴をされた経験をもつ杏さん。
その兄が、突然杏さん宅に現れます。
「入れさせろ」と、迫る兄。
兄は玄関で、杏さんに立ちバックで肉棒を挿入します。
割と無抵抗に、兄の肉棒を受け入れてしまう杏さんに???
突然、キッチンでのシーンに変わりますw
杏さんは後ろ向きになり、兄に立ちバックで挿入されます。
巨乳を大きく揺らし、兄に突かれる杏さん。
対面座位から、突然ベッドのシーンに変わりますw
大きく脚を広げた杏さんに、ピストンを繰り出す兄。
騎乗位へ。
杏さんの腰づかいは、まずまずの水準です。
垂れた巨乳を揺らし、迫力のある絡みをする杏さん。
バックへ。
顔を歪め、兄に突かれる杏さん。
正常位へ。
スライム乳のような乳房を大きく揺らす、杏さんがいやらしいです。
兄は、杏さんの下腹部に射精をします。
シーン4
第四話「家出娘が毒牙にかかった日」。
母親と喧嘩をして、家出をした唯さん。
ビルの屋上に佇んでいると、1人の中年男が声をかけてきます。
自宅に、唯さんを連れ込む中年男。
自暴自棄の唯さんは、中年男をベッドに誘います。
正常位で、肉棒を受け入れる結さん。
力強く突かれますが、喘ぎ声は出ません。
ガマンしながら突かれるような表情を浮かべる唯さん。
逆にリアリティがあって、これはこれでアリでしょう。
好きな相手ではない中年男とのセックスに、無表情で突かれる唯さん。
唯さんの下腹部に射精をする中年男。
セックスを終えた中年男は、杏さんの兄を呼びます。
嫌がる唯さんに、肉棒をねじ込む杏さんの兄。
力強いピストンを繰り出し、下腹部に向けて射精をする杏さんの兄。
総評
下記のスコアボックスの採点は、第一話と第二話の熟年女性が出演の作品のみでの採点になります。
2話共に、熟年女性のエロさを堪能できる作品でした。
近藤郁さん、平岡里枝子さん共、レベルの高い演技力が光りました。
第三話目は、杏さんのスライム乳が見どころの作品。
ただ、シーンのぶつ切りが2か所あるので、ドラマ的には少々残念でした。
第四話目は、自暴自棄気味の女子高生が、無表情にセックスされる作品。
好きでもない相手とのセックスという設定なので、妙に無表情がマッチする作品でした。
収録時間 96分 2021年作品
メーカー FAプロ
女優のエロ度 4.5
ドラマ度(構成・脚本・着衣) 5.0
背徳度・リアリティ 5.0
絡みのエロ度 5.0
総合ヌケる度 5.0
最新情報をチェックしよう!